忘年会は余興とゲームで盛り上がる!景品は幹事の腕の見せどころ

忘年会シーズンを迎えると、幹事さんは余興やゲームの準備で大忙しになりますよね。お店選びも大切ですが、忘年会が盛り上がるかどうかは余興やゲームにかかっているといっても過言ではありません。

また、ゲームにつきものの景品についても、どんな商品が良いのか頭を悩ませるとこではないでしょうか?

それでは、忘年会を楽しく盛り上げるためのポイントを見てみることにしましょう。

忘年会で盛り上がる余興・ゲーム

はじめに、忘年会の余興やゲームは、どれくらいの時間配分で行えばよいのでしょうか?

一般的には、宴会が2時間程度の場合、余興やゲームは30分くらいが適切だといわれています。

  1. 宴会スタートの挨拶と乾杯 5~10分
  2. 歓談と飲食 45分
  3. 余興・ゲーム 30分
  4. 再度、歓談と飲食 30分
  5. 宴会の締めの挨拶 5分

よくある忘年会の時間配分ですが、これを参考にすると宴会がスムーズに運ぶはずです。

次に、盛り上がる余興とゲームについてですが

余興のオススメは、

  • ゴールデンボンバー『女々しくて』(メイクありで)
  • AKB48『恋するフォーチュンクッキー』(コスプレで)
  • ももクロをフリフリのスカート衣装で踊りまくる 等があげられますが、

爆笑を誘いたいのであれば、昭和時代というグループのダンスが盛り上がること間違いなしです。youtubeで検索していただければヒットすると思います(SMAPの中居くんが出ています)。

ゲームのオススメは、やはりビンゴゲームでしょう。

参加者の人数にもよりますが、おおよそ30~40%の人に景品が当たるように設定できれば良いですね。この時、景品に番号を付ってくじびき形式にするのがポイントです。

先にビンゴが揃っても、良い景品が当たるかどうかはわかりません。こうすることによって、後半まで目玉の景品が残る可能性が出てくるので盛り上がります。

場合によっては、一番よい商品だけオープンにしておき、残りは開けてからのお楽しみ的な感じにしておけば、参加者のテンションは自然と盛り上がってきます。

また、スマホを使ったクイズなんかも面白いかも知れません。

ケイタイゴング http://www.keitaigong.jp/
イベントde投票 http://www.efeel.to/eventDe/

この2つのサイトを参考すれば、イメージが湧きやすいのではないでしょうか。

忘年会の景品は何を選ぶのが良いのか?

忘年会の景品は、予算との兼ね合いがあるのでなかなか難しいところです。

  • 現金 5,000円または10,000円
  • ディズニーランドペアチケット
  • 旅行券
  • 最新家電

これらが、本当に喜んでもらえる忘年会の景品ではないでしょうか。これらを一番よい景品にして、徐々にランクを落としていくのが良いでしょうね。

忘年会は挨拶も大切ですね

忘年会はくだけた形式が好まれるので、宴会スタートの後「まずは乾杯の音頭を」というパターンが一般的ですね。

では、乾杯の音頭は誰にお願いするのが良いのでしょうか。通常は、出席者の中で2番目の立場にある方が望ましいです。

そして、宴会も終盤に差し掛かる締めの挨拶は、社長または出席者の中で最も上の立場の方にお願いするようにしましょう。

ただし、職場の慣例等がある場合は、それに従ってくださいね。

忘年会の案内状の書き方

忘年会が開催されるのは師走のなにかと忙しい時期なので、案内状は遅くとも開催日の2週間前、できれば1カ月前くらいまでに相手に届くようにしましょう。

日時・場所・会費などはもちろんのこと、会場までの詳細な交通手段や駐車場情報なども添えて連絡するのが好ましいですね。

社内・社外問わず、案内状は丁寧で喜んでいただけるような工夫をし発信するように心がけましょう。

2015年8月6日 忘年会は余興とゲームで盛り上がる!景品は幹事の腕の見せどころ はコメントを受け付けていません。 イベント