東京と京都の紅葉狩りの名所へは紅葉狩り弁当を持参して!

京都を中心とする関西、東京をはじめとする関東では、それぞれ紅葉狩りの名所と呼ばれるところがたくさんあります。京都では嵐山、東京の六義園、千葉の養老渓谷、神奈川の箱根などは誰もが知る有名どころですね。

気候も過ごしやすくなってきて、紅葉狩り弁当を持参して出かけるには絶好の時期です。

家族、友達、恋人と訪れる紅葉狩りを存分に楽しましょうね。

京都の紅葉狩りの名所をめぐる

数多くの名所がある京都の紅葉狩り。どこも素晴らしく甲乙つけがたいところばかりなんですが、独断と偏見で10箇所をピックアップしてみました。

  1. 【北野天満宮】 梅の名所として有名な北野天満宮ですが、2007年よりもみじ苑が一般公開されました。川沿いに座る場所が設置されていて、のんびりと紅葉狩りが楽しめます。
  2. 【源光庵】 源光庵の部屋の中から見ることができる「悟りの窓」と「迷いの窓」越しから紅葉は天下一品です。
  3. 【高桐院】 参道から庭園までの紅葉が絶品です。全体を通してシンプルで、かつ美しいのが特徴です。
  4. 【実相院】 床紅葉が有名な実相院。写真撮影できないのが残念ですが、見るだけでも価値があると納得できる紅葉です。
  5. 【曼殊院】 曼殊院庭園の紅葉は芸術の域に達しています。一度は見ておきたい紅葉ですね。
  6. 【真如堂】 無料で見れるので混雑しているのが難点ですが、境内が紅葉一色になっているので十分に楽しむことができます。
  7. 【圓光寺】 紅葉が本堂の中から見ることができ、美術館で大きな絵画を見ているような錯覚を起こすほど素晴らしい紅葉です。
  8. 【直指庵】 バリエーション豊かな紅葉を見ることができます。紅葉を見ながらの散策がおすすめです。
  9. 【常寂光寺】 仁王門の近辺から続く紅葉は一見の価値ありです。嵐山を訪れる際は立ち寄ってみてはいかがですか?
  10. 【宝厳院】 2002年から特別公開されるようになり、非常に混雑していますが庭園と紅葉のかもし出す雰囲気はなんともいえません。

東京の紅葉狩りの名所をめぐる

東京の紅葉狩りには、宿泊してでも見てみたいという人気の名所が多くあります。

主な名所をピックアップしてみると、奥多摩湖(西多摩郡奥多摩町)、砧公園(世田谷区)、御岳山(青梅市)、高尾山(八王子市)、国営昭和記念公園(立川市)、小石川後楽園(文京区)、六義園(文京区)、新宿御苑(新宿区)、明治神宮外苑(新宿区)などがあります。

紅葉狩りとは?その意味と由来

紅葉狩りとは、紅葉を見るために山などへ行くことをいいます。

でも、「狩り」と聞くと獣を捕獲するイメージを持ってしまう人も少ないと思います。

もともと「狩り」は、獣を捕獲する意味で使われていましたが、徐々に鳥や小動物を捕らえたり、果実を採ったりする時にも使うようになりました。これは、いちご狩りやみかん狩りをイメージするとわかりやすいと思います。

さらに、草花を眺めたりすることの意味でも使われるようになり、紅葉狩りが生まれました。

これが、紅葉狩りの意味であり由来でもあるんです。

紅葉狩り弁当のあれこれ

紅葉狩り弁当は、紅葉狩りの時に食べる弁当のことです。旬の食材を中心に彩り良く作られているのが特徴ですね。

自分で作るも良し、デパート等で購入するも良し、紅葉狩りをより楽しいものにしてくれるアイテムなのは間違いないですね。

2015年8月5日 東京と京都の紅葉狩りの名所へは紅葉狩り弁当を持参して! はコメントを受け付けていません。 イベント